男性に多い神経性うつ病も改善できるジスロマック

ジスロマックは細菌感染症に高い効果を発揮する抗生物質です。
細菌が持つたんぱく質の合成を害することにより増殖を食い止めます。
そして、高濃度のジスロマックの場合は殺菌を目的として用いることもあります。
男性に生じやすい神経性うつ病に対しても効果があるとされており、処方される場合もあります。
神経性うつ病以外には、殺菌効果が高いということでマイコプラズマやクラミジアといった細菌が要因となっている症状にも効果は高いとされています。
様々な細菌に対して効果があるため神経性うつ病の内科をはじめ、呼吸器内科や耳鼻科など多くの科において処方されることがあります。
また、男性に発症することも多い性感染症に対しても有効とされており、用いられています。
ところが、インフルエンザをはじめとするウイルスが要因の症状に対しては効果がないためジスロマックを服用してこういった症状の治療を行うことは不可能ですが、細菌が原因となる二次感染や予防として使用する場合はあります。
ジスロマックが持つ特徴は、用法用量が挙げられます。
組織の中にとても長い期間とどまることが可能なので、作用する時間も長いのです。
こうした特徴により他の製品が1日に2回服用するということを1週間継続しなければならないことを1日1回を3日間継続するだけで良いのです。
しかも、こうした負担にならない短期間の服用によりおよそ7日間から14日間も効果が持続するのです。
こういった点から忙しく働く男性に重宝されていますし、薬を飲むことを嫌がってしまう子供に対しても効果的です。
そして、これまで抗生物質が効かないとされていたマイコプラズマなどにも効果があるため積極的に用いられています。